amazon販売

アマゾンで売れる方法・売れるコツ・アマゾン上位表示と2018年の変化

アマゾン物販をやっていると色々な声が聞こえてきてアマゾンはもう駄目だとか、中国人セラーが出てきてもう売れないとか色々耳にすると思います。その中で私の見解です。アマゾンで売れないなってまったく無いですし中国人セラーとかまったく関係ないですよ。

こんなに売りやすい市場他には無いですよ。アマゾン立ち上げ期の初期に比べればやる事は複雑化してきました。

システムが整ってきたからしょうがないですし、ライバルが増えたのも事実ですがしかし、ライバル数以上にアマゾンの売上げは今でも拡大していますよね?

何で??売れないと思うのか?

昔の楽な売り方で売れなくなったからでしかないわけです、今でもしっかりと対策の仕方を学べば簡単に売れますよ。

競合が増えたから安くしないと売れない?

私がんがん値上げして言ってどんどん売れていますけど????

私のお客様は700円仕入れで4280円で販売して2週間ほどで300個売り在庫切れ起こしそうになったので4880円まで値上げしても一気に売り切れたり5000円仕入れで3万円で売ったりしても売れるけどね?????

商品選択とアマゾンの販売方法間違ってんですよ。

ちゃんとしたやり方覚えれば中国人セラーもまったく気にせずに売れるけどね?????。

じゃどうすれば売れるのかな???なんてことのヒントを記載させていただきます。

2018年にアマゾンで起こった変化と売れなくなったと言う理由

アマゾンで売れなくなったアマゾンはもう駄目だと言う人の理由などを見てみると大抵中国人セラーが出てきてカスタマーレビューを操作して安く売るので太刀打ちできないとかですよね。

これね、どんなところで商売やっていても起きる事なんですよ。ライバルが増えてきて市場が飽和する規制が強化されて広告が使えないとかね。でアカウント剥奪とかどこでも一緒ですよ。

その昔、情報起業って商売が流行ったときgoogleの広告規制されて広告が打てなくなったときがありましたが、その時それに合わせて広告内容やページ内容を作り変えて広告出せるようにした人は継続してビジネスできて変われなかった人は退場になったのと一緒の現象ですよね。

アマゾンの成長期でライバルがいない時期に初めてその時は売れたけどらいばるが出てきたら売れなくなったもう駄目だって・・・。何も努力していませんよね。常に市場もライバルも体制も変わるものなんですよ。そんなこと程度で売れなくなったって騒ぐほうがおかしいんです。時がたてば市場の体制が変わり締め付けもきつくなってくるそんなの当たり前のことでそこに変化して付いていかないと退場となるわけです。市場が変わったならそれにあわせて対策を変えて行けば良いだけの事ですよね。

変わるのは悪いほうばかりに変わっている訳ではないですよ。

良いほうに変わっていることだって山ほどあります。

それに合わせて自分たちが変わるのが商売って物では無いでしょうか?

では、アマゾンで起きた変化はどんなものかといえば中国人セラーが大漁に押し寄せてきて大漁のカスタマーレビューの操作をしたことでレビュー操作していない人のカタログから売れなくなってきましたよね。

これに関しては中国人セラーだけではなく日本人セラーなどもfacebookにカスタマーレビュー付け合うってfacebookグループ作ってやっている人がいてそれも問題になりました。

これに関してはアマゾンから正式な発表がありカスタマーレビューの操作などを行ったセラーは永久追放お呼びにアマゾンに与えた損害の損害賠償請求を起こすって正式発表がありました。

で実際にアカウント剥奪され始めた人多いですよね。人数が多すぎますので全ていっていないようですが徐々にそうなってきているようですよ。ちなみに日本でfacebookグループでやっている人なども対象でフォーラムにがんがんURL投げられていますのでいずれ制裁を受けそうですよね。

カスタマーレビューの操作とか幼稚な対策する教えを受けている人は直ちにやめたほうがいいですよ。

いつアカウントトンでも不思議ではありません。私は一切そんな事しないで売っています。

それとPSEや電波法関連の締め出しが始まっています。コンセント付き商品などを違法で(この場合本当に違法です)

申請せずに扱っている人の出品の締め出しが起きています。特に電波法関連(Wi-Fiとbluetoothなど)は厳しくこれらは販売者ではなく購入者が罰せられると言う法律ですのでアマゾンの取り締まりは厳しいですね。

商品の出品もブランド登録していないとブランド名つけた出品をけられると言う現象が起きてきました。

これらね、アマゾンは売れなくなったんですはなくてちゃんとしたビジネスとして取り組まない人に厳しくなったんです。ちゃんとこれらの対策やっている人にとっては逆で売りやすくなってるんですよ。

理由は単純です。しっかりビジネスの準備していない競合をどんどんアマゾンがどかしてくれているからです。

転売の取り締まり等も入っていますよね。転売商品は中古で無いと出品しては駄目という発表もありました。

ちゃんとビジネスやっている人によってはものすごくやりやすい環境になってきています。

FBAへの納品が無料がなくなったってのも今年の年初の大きな変化ですよね?

でこの程度で駄目になる人ははじめから駄目だったんじゃないでしょうか???

なんちゃって的なプログラムの穴を狙う的なしょうもないやり方ではなくしっかりしたルールにのっとった方法で攻めれば普通に売れるけどね。アマゾンが変わるならその変化についていく対策を学ぶ事かなと思います。

amazonで新規出品者が売れないって事を話される方のいますがこれも嘘ですよ。

私のお客様の6~7割は新規出品者です。全員売れていますし伸びています。相乗りもしません。オリジナル商品や中国製品は尾は¥菜時という判断がつきませんしので大抵新しいカタログで販売始めています。当然レビューなんてゼロからでレビューもつけませんが普通に売れていますよ。大体新規出品者が売れないってんならアマゾンどんどん衰退するよね>

どんどん拡大してるんですから新規出品者も売れるわけです。

アマゾンで売れる方法売る方法

では、肝心のアマゾンで売る方法に関して書かせてもらいますが、基本は売れる商品を選ぶことこれが基本となります。これがある状態でアマゾン検索で上位表示されることが重要になります。上位表示にはカスタマーレビューが昔は重要な要素でしたが今はカスタマーレビューの影響は少ないです。これがでてきたので正統な上位表示対策をされるところが強くなったんです。

上位表示とベストセラーやランキング上位って別物なんですよ。

ランキングで上がれば越した事は無いですしベストセラー取れたら取れば馬鹿みたいに売れますがそれ無しでも上位表示すれば売れるようになります。ベストセラーなどはカテゴリーに1個ですが上位表示はキーワード分あります。

いくらでも狙い目はあるんです。そこにどうやって上位表示に持っていくかって勝負になると思います。

アマゾンセラー広告を上手く使いましょう。

アマゾンの上位表示に大きく関係してくるのがアマゾンのセラー広告になります。このセラー広告を使ったキーワードの裁き方で上位表示と売れ行きが大きく変わってきます。キーワードなんです。これの処理方法ですんで一部日本語が分かる中国人は相手になりますが日本語の意味を知らない中国人はこれらを知っても細かい設定まで出来ません。

細かい設定が出来なければ広告費の単価はべらぼうに高くなります。

と言う事は今中国人が販売しているような低価格販売が成り立ちませんのでこのやり方を覚えたら上を狙えます。

それとね、たまに何でこのページはこんなに高く売っているのにこんな売れてるんだりうってページ見かけることあると思いますがこれが可能になります。

商品は高くても売れるんです。それは付加価値をつけてとかいう話ではなく単純な話、人口の問題なんですよ。

そのページにアクセスが多ければ高くても一定数購入されるんです。

これを再現する方法を覚えたほうが早いですよ。

都内の高級すし屋ありますよね?客単価5万ほどする超高級店これらね都内の人口だから成り立つんです。

地方いったらそんな金出す人少ないので潰れます。

商圏人口ってのが存在するんです。これをアマゾン内で再現できれば普通に高くても売れるよ。

そういうの全て知ってビジネスです。

レビュー操作してとか幼稚なやり方ではなくしっかりしたビジネスを覚える事をお勧めいたします。

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

 (必須)
(必須)

関連記事

  1. amazonブランド登録の方法とコツ。ブランド登録のメリット
  2. アマゾンでライバルをどかし自社商品を販売する方法。
  3. amazonSEO対策a9をエンジン攻略して上位表示して行こう。…
  4. 2019年 アマゾン対策アマゾンは売りにくいサイトになったのか?…

ピックアップ記事

弊社メールマガジン『0円集客』登録

メールアドレスを登録して無料メールマガジン 『0円集客』を購読する 無料メルマガ「0円集客」

無料レポート 売り方マーケティング「7つの間違い」

物販戦略を組みたい方の為のセドリとも転売とも違う 大手の使う商品戦略の考え方 マーケティングを手放したとき真の成長戦略が始まる。 一般では言われていない売上げを急成長させる 本当の成長戦略詳しく知りたい人は下記から 無料レポート 売り方マーケティング「7つの間違い」をダウンロード 無料レポート売り方マーケティング「7つの間違い」

無料レポート 「99%の人が知らない売れる商品の探し方」

2017.10.10 新規書下ろし!無料レポート

「99%の人が知らない売れる商品の探し方」

ご希望の方は下記ページよりご登録ください。


99%の人が知らない売れる商品の探し方
PAGE TOP