中国輸入

中国輸入の脅威の利益率を再現する方法。

IMG_7363[1]

 

中国輸入ビジネスは組み立て方で大きな利益率を出せます。

弊社お客様ではアマゾン手数料まで含めて利益で7割とか6割を出すお客様がいます。

仕入れ値+送料+関+アマゾン手数料+FBA手数料まで含めて利益で6~7割です。

その辺で転売されている方の利益率が1~2割ですからそれと比べれば

驚異的な利益率ですよね。

何故こんなことが可能なのか解説させていただきますね。

中国輸入の脅威の利益率を再現する方法。

こんにちは桑原です。

4月の22日から広州交易会の2期に参加するため

また中国広州に行ってきました。

 

中国輸入ですが利益率が非常にいいのです。

私のお客様などは普通にアマゾン手数料まで含んで6割り越えの利益を出す方

とかもいます。

 

なんといっても仕入れ値がべらぼうに安いので

36円で仕入れて920円で売ったり

すごいものでは90円で仕入れて6000円で売れるという

超お宝商品なども見つけられます。

 

転売やせどりでは到底追いつけない利益率を出します。

転売ビジネスなどの場合扱う商品が高額なものなどもあるので

売上げは派手に行きやすいですが

私が聴いたところせどりなどでは売上げ1億で1~2割ほどの利益しか

残らないという人も沢山いました。

これでは常に在庫過多やキャッシュフォローのリスクにさらされます。

つぶれやすくそして自転車創業に陥りやすいモデルとなります。

 

一方、私のお客様は1億も売上げれば利益で7割ほど出します。

アマゾン手数料なども含んだ上での利益ですので

一人でやっていればほぼこれまるっと収入となります。

ここから税金払うのでまるっとは使えませんが

この開きは大きいですよね。

 

そして転売は取り扱い品目を多くしなければ回りませんので

常に新しい商品を探して勝負しなければなりませんが

私のお客様とかでは20商品もあれば月商で300~500万

30商品もあれば1億近くを出している人もいます。

商品品目が少なければオペレーションコストがかかりませんので

利益率がどんどん大きくなるという好循環を引き出します。

中国製品を薄利多売商売という方がいますが

まったく商売の基本をわかっていません。

商品は売れれば売れるほど仕入原価が下がるんです。

 

本当に売れるのであれば薄利多売という言葉は成り立たないのがわかります。

理由は簡単です。

 

薄利の利は利益の利です。

 

利益率が薄いということを行っているのですが、

利益率6割7割が薄いでしょうか????

 

要するに薄利多売を言う人は多くの商品を売ったことがない人なんです。

商品は売れば売るほど物の原価が下がるのが摂理なんです。

そこまで売れる商品を見つけたことがないんですね。

本当に売れる人は薄利多売など言いません。

ましてや私のお客様などは粗利(売値から仕入原価を引いたもの)

90%超えるような商品を扱っているんです。

これにアマゾンだ楽天だの手数料が乗ったってどう転んでも薄利にはなりえません。

中国輸入ってこれらを駆使すれば脅威の利益率をたたき出せるんです。

それを知っているか知らないかって事ですね。

そういうのを知った上で取り組む中国輸入は桁違いに儲かりますよ。

中国から少ないロットで仕入れてそこから

リスクなくして大きなロットに持っていき高利多売形式にする販売方法を教えています。

中国輸入の簡単リサーチ方法10分で20商品ほど売れる商品を探す方法

利益率を増やすために重要なのは商品リサーチの数が物を言いますですので

少ない商品数しか探せない人は当然、利益率のよい商品に当たる確立が減るわけです。

ですので、どんどんリサーチして取り扱う商品数を初めは増やす必要があります、

そこから精査して高利益の商品郡に切り替えていきます。

ですので、リサーチは早く済ませる必要性がありますのでどんどん見つかるやり方でやらないとなりません。

私などは10分もリサーチすれば早いときで20商品ほど捜せます。

これにはコツがありアマゾンの場合、ランキングから入る人が多いですが

これ以外に下記をやります。

 

  1. カスタマーレビューからのリサーチ
  2. 商品の値段からのリサーチ
  3. 季節キーワードからのリサーチ

これらリサーチ方法を取り込みますと早くリサーチが出来るようになります。

実際に弊社、お客様がこれらのリサーチをパートさんにやらせたら2週間ほどで400商品ほど

初めてのど素人でも捜せたという報告をいただいていますのでかなり有効だと思います。

 

アマゾン(amazon)中国輸入ビジネスがもっとも成功させやすい物販のビジネスモデル

中国仕入れツアー(イーウー・広州展示会)体験談と活用方法

 

関連記事

  1. tyaina 中国現地仕入れを知る事。利は元にあり
  2. 中国仕入れ イーウー 義烏 中国仕入れロット問題
  3. IMG_1288 中国輸入物販一連の流れとサービス
PAGE TOP