中国仕入

中国輸入ビジネスを成功させる3つのポイント

こんにちは桑原です。

中国輸入と一口に言っても転売のようなビジネスをされている方から

OEMやODMまで発展させてビジネスをしてさらに現地まで行く人と行かない人では

ビジネスの展開に大きな開きが出ます。

中国輸入ビジネスを成功に導くには多くにポイントがありますがここだけは抑えておいたほうがいいという3つのポイントについて書かせていただきます。


ポイント1は商品目利きです


商品はどんなものでもいいというわけではありません。商品には売れる商品と売り方で売っていく商品というのがあります。この商品選びで売り方で売っていく商品を選んで売買をされる方は後々、大きな苦労をします。

売り方不要でおいておけば勝手に売れていく商品を探して売る必要があります。この商品選びでビジネスは大きく成果が分かれます。

身に着けるべきは商品の売り方ではなく売れる商品を探す方法だということをポイントで抑えておいてください。


ポイント2は仕入れです。


物販は売り方で勝負と思っている方がいますが

大きくなる会社は売り方など駆使せずに仕入れの勉強をします。

同やったら安くよいものを仕入れられるか?

中国特有の不良をなくし仕入原価を下げられるかという勝負をします。

仕入原価が下げられればライバルよりも売価を下げることができるわけですから

高く売るよりより売れるという現象が起きてきます。

 

高く売るより安く売ったほうが儲かるんですよ。

大手になるような会社は皆、安く売って大きくなりますよね。

中小企業だけです仕入れの勉強もせずにいかにして

お客様に高く売ろうって甘い考えを持っている会社は

 

スモールビジネスでも中小企業でも仕入れの勉強をすれば

仕入原価は下げられます。

粗利95%とかの仕入れが仕入れの勉強をするとできるようになります。


ポイント3はどんなサプライヤーを選ぶかです。


弊社のお付き合いいただいているサプライヤーさんは

中国から商品発送をする前に検品して不良をはじいて送ってくれます。

 

これにより中国あるいは海外特有の不良の問題に悩まされないで仕入れができます。

なかなかこれができるサプライヤーはないです。

不良も交換してくれませんが中国国内なら交換応じてくれる商品も多いです。

そして、現地に買い付けに行った際(イーウー)にも

ロットの交渉がd系増す。

イーウーは大抵は大きなロットを言われ洗礼されて何も仕入れできずに帰ってくる

パターンがあるのですが私のサプライヤーさんは

ほとんどの商品3個とかから仕入れてそしてロットも

低ロットで交渉してもらえます。

 

これができると在庫過多や売れ残りという現象に悩まされずにすむし

テストが何度もできますのでビジネスが有利にはたらきます。

これらを考慮してビジネスを組み立てると

中国輸入ビジネスは成果につながりやすくなります。

 

 

関連記事

  1. 中国広州商品交易会 中国広州展示会にいって来ました。2016年秋1期(中国広州商品交…
  2. アリババの中国サイトのほうが仕入れ安いですよ。
  3. 中国楽しいイーウー最高!! 仕入ツアー 開催予定について
PAGE TOP