中国仕入

アリババの中国サイトのほうが仕入れ安いですよ。中国仕入れのコツ

中国アリババ

アリババ中国仕入れ

こんにちは桑原です。

中国仕入れをする際、皆さんはどこを使っているでしょうか?

タオバオ・アリババ・アリエクスプレス・ebayなど

仕入れられるサイトは沢山あります。

 

その中でそれぞれ特徴がありアリアクスプレスなどは

単なる小売サイトですので普通にクレジットカードで1個から

お買い物が出来ますよね。

 

それと異なりタオバオなどは中国語でのやり取りとなりますので

個人がお気軽に仕入れというとハードルが高くなるのと

意外と高いんですね。

ですのでアリエクスプレスとタオバオは基本仕入れには向きません。

ではもうひとつアリババですが

こちらのサイトは工場やメーカーなどの集まりですので

商品自体はかなり安く手に入ります。

しかし、ロットは大きめですよね。

そして、中国だけではなく意外と世界中から出品者がいるサイトなんで

私が問い合わせたらパキスタンとかから国際電話がかかってきたとか

経験したことがあります。

 

そして、サイト自体結構使い勝手が悪いのと

品揃えが悪いです。

そう悪いんです。

で、一般的にアリババといえばほとんどの方が

下記のサイトを思い浮かべると思います。

https://www.alibaba.com/

 

これですが、実はこのサイト仕入れにあまり向きません。

中国から仕入れるならこれではなく

意外と知らない人が多いのでびっくりしたんですが中国のアリババ

から仕入れるといいんですよ。

上記アリババより安く品揃えもよくそしてロットが小さいそれが

下記の中国のアリババ

https://www.1688.com/

 

私はこれ使います。

とはいえ中国語ですから注文は普通にはできませんので

注文時には中国の仲介業者(サプライヤー)さんを挟んでの注文にはなりますが

仲介手数料を取られてもさらに有利に仕入れが出来ます。

上記サイト覚えてくといいですよ。

 

そして、仲介業者を探している人がいれば

検品率に評判の高い業者をご紹介しますのでお声掛けくださいね。

 

中国仕入れサイト紹介 中国アリババ アリエクスプレス タオバオ 天猫

仕入れで使える中国サイトはアリババ以外にもいくつかあります。正直あげればきりがないので基本的な抑えておいた方がよいところのみ記載しておきます。これらを抑えておけば十分中国仕入れはできますよ。

まずは前にも書きました

 

中国アリババ

 

https://www.1688.com/

 

問屋やメーカー中心に集まっていますが低ロットから対応してくれるところが多いです。値段は元表記 ¥ は円ではなくて元です。

ここ間違うと金額が大きく変わりますのでご注意ください。注文はサプライヤー(買い付け代行業者)をかませて発注するのが良いです。ただし、検品をしっかりやってくれるところ。不良が一定量でますのでそれを中国国内にあるうちに跳ねてもらえます。(弊社のサプライヤーの場合)中国語がわかるからと言って取引して送ってもらったらすべて不良とかしゃれになりません。中国にあるうちに対応してもらうのがプロのやり方です。100%は無理ですがやり方知っていれば工場でも取り替えてもらえます。

 

このやり方を知らないと不良品を100%受け取らないとならなくなります。多くのサプライヤーは不良対応をしてくれませんので不良対応をしてくれるところから発注しましょう。

 

アリエクスプレス

https://ja.aliexpress.com/

 

最近、本格的に日本語対応を始めていますのでかなり気楽に取引できるようになりました。

このサイトは小売のサイトですので気楽にクレジットカードで買い物気分で商品を取り寄せられます。送料も無料で(届くのに時間がかかります)届くものも多いです。表記はUSドル表記です。個人売買サイトですので買い付け代行業者なしでもいけます。ただし、小売サイトですからお値段もそれなりです。テスト販売とかでは活用できます。

 

タオバオ

 

https://world.taobao.com/

 

タオバオ世界最大のショッピングサイトですね・年間売り上げ35兆円を誇る巨大サイトです。表記は元表記。このサイトは個人売買のサイトですが海外発送が出来ない人も多くやり取りが面倒ですのでその時間を考えるなら同じく買い付け代行業者に発注させて送ってもらうのが手っ取り早いです。

 

こういう注文を全部自分でやろうとしてビジネスを難しくしてしまい撤退している人も数名見てきています。他にもやることはいっぱいあるのですから人に任せるところは任せないとビジネスはうまくいきません。

 

http://www.yiwugou.com/イーウーのサイト

 

http://www.yiwugou.com/

 

イーウー自体にもサイトはあります。

とはいえ発注は出来るところと出来ない所大きく分かれるようですがこちらも買い付け代行業者経由で仕入れてもらうのが無難ですね。

 

天猫

https://www.tmall.com/

 

天猫モールこちらも小売店の集まりで元表記。こちらも海外発送困難なときがありますので買い付け代行業者に発注してもらう感じでいいと思います。

 

まずは中国アリババからが一番楽かな??

中国との取引を楽にするなら信用の出来る買い付け代行業者に商品発注を依頼してアリババから購入して送ってもらうのが一番楽ですよ。買い付け代行業者は日本語が出来ます。ひらがな・漢字・カタカナ全て読めますのでネットから代行業者にアリババで捜したページのURLを送ってほしい数を伝えて購入代行して送ってもらうと良いです。やり取りは数分で事足ります。

アリババページに行きほしい商品の上にマウスを当てると下記にようにロットによる金額が表示されます。

 

上記の場合は

5個から49個までが28元

50個から999個までが25元

1000個以上になっると23元

の料金ですよと言うことです。この金額を参考にほしい数を伝えれば買い付けて送ってくれます。

手順としてはまずほしい商品のURLを送る、そうすると見積もりか請求書が送られてきますので所定の口座にお金を送金する。送金は大抵、中国の口座へか日本の口座が用意してあるところもある。それかpaypleでのクレジット送金となります。先にお金を払うと動いてくれます。慣れてきたら毎回毎回では送金料もかかるのでサプライヤーに先にまとめてお金を預けて置いても出てきますが、ここで注意が必要で以前、まとめて500万ほど預けていた私の知人や他数名が取り引きしていた買い付け代行業者がお金持ち逃げした事件が起きました。

こういうことが起きるので買い付け代行業者は安易に安さで選んでは駄目なんです。

ここ辺についてこのページの最後に買い付け代行業者の選び方のところに詳しく書きますが相手は中国ですので慎重さが必要だってことを覚えて置いてください。

 

話がそれましたが、まずはこのやり方で始めるのが一番楽だと言うことを覚えて置いてください。

中国仕入れについて、行かなくても国内から始めると良いですよ。

中国輸入を始める時、中国に行かないと始められないと思っている方がいますが始めは行かなくても上記に紹介したサイトと買い付け代行業者があれば販売はスタートできます。それだけでも月商500万ぐらいい全然平気で売上げ作れます。

ただ、私としてはある程度の売上げまで言ったら現地に言って商品を見てくるのをお勧めしています。理由は簡単で現地のほうが安く仕入れ出来るしさらに品質の良い商品を低価格で捜せるようになるからです。現地に行っても変わりないという人がたまにいますがそういう方は奥地まで言った事がない方です。奥まで行けばどんどん安くなりますし工場と直接交渉なども私はやりにいきます。ビジネスに対しての姿勢の違いですね。後、商品を比べられる数が全然違います。商品によっては現地に行けば同じような商品を扱っている店が数百件あるんです。その中から安い店を探すのとネットの出ている本当に少ない材料から安い店を捜すのでは勝負になりません。

それと、広州の展示会などはネット上に出していない最新の商品が展示されていたりネットでは一切紹介しないと言う商品も沢山あるんです。ネットで紹介されない商品をネットで探すことは出来ません。ですので、売上げが一定額まで来て慣れてきたら一度で良いので現地に行って見て下さい。商品を見る目が大分変わってきますよ。

 

中国仕入れ代行業者選び方

中国ビジネスの明暗を分けるのがサプライヤー(買い付け業者の選び方です)これにはいくつかコツがあるのですが、サプライヤーには日本人のやっているところと中国人のやっているところがあります。両方良いところ悪いところがあり日本人だから良い訳ではありません。特にイーウーにいる日本人は日本で通じず逃げて中国行く人間も多くろくでもない人間に過去にあたったことがあります。結構こういう思いをしている人多いです。

日本人だから信用できる中国人だから信用できるという概念をまず先に捨てることです。

実際に日本人の経営するA社と中国人の経営するB社に同時に私は同じ商品の見積もりを出して購入を試したことがあります。

 

受け答えは日本人がやはり強いですが差が付いたのは見積もりの早さです。いくつかの商品を同時に見積もりだしたのですが

A社(日本人の会社)は見積もり出るのに3週間

B社(中国人の会社)は見積もり出るのに1週間でした。

 

そして、同じ会社から見積もりうをとったのですがA社はその取引先に関して何も言わず

B社はこの取引先は対応が悪いのでトラブルが起きる可能性がある

同じ商品を扱っているほかの会社があるのでそこから見積もり送っていいですか?

との打診が入りました。

 

この時両者の対応を見たかったので両方この条件で商品を購入して送ってもらいました。

 

結果A社は何も言わずに商品を送ってきました。

送られてきた商品は不良品でした。不良を取り替えてくれることもなく送られる前にチェックもされていないようでした。

B社は送ってくる前に商品の写真を送ってきました。商品にこういう傷が入っているけどこれはOKですか?

と言う確認のための写真でした。OK出るものもあったのですが

ちょっと傷が大きくNGというものもありました。

 

この時、B社にこの商品は換えてほしいと伝えると工場と交渉して汚れていないものに替えて送ってくれました。

これにより不良が出ないで済みますので大抵の商品は売り物になります。

 

日本人の会社だからどうだと言うのではなくこういう対応が出来るのかどうかってのが重要だと私は思います。

手数料率が安いところだと3~5%という会社も捜せばありますがその手数料では上記の対応をしていると会社が傾きます。

手数料を安くしてもっらても肝心の製品ロスが多すぎてそこで赤字を出していたら意味がありません。

 

商品に対する対応をどうしてくれるかと言う所まで考えて付き合うのがいいと思います。当然、工場や問屋と言う

相手がありますので全て対応してくれるわけではありませんが私のサプライヤーさんは交換が効く相手かどうかも教えてくれた上で取引するかどうかを聴いて来ます。この信用は私は中国との取引で絶対に必要だと思います。

それとサプライヤーの対応が遅い会社は1名の担当者に会社により20名をこえるお客様を担当で持たせているような会社があります。これ対応し切れませんし質がかなり落ちます。レスポンスが遅い場合はその辺確認してみるといいと思います。

 

また、弊社お客様からの報告ですが他の中国ツアーに参加したとき通訳さんをつけてもらったら通訳さんが日本語しゃべれなかったというでたらめな事も起きたようです上記は実話ですのでそういう会社に当たると非常に中国輸入が難航しますので中国の買い付け代行業者を選ぶ時はご注意いただけたらと思います。

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

 (必須)
(必須)

関連記事

  1. 中国広州商品交易会 中国広州展示会にいって来ました。2016年秋1期(中国広州商品交…
  2. 中国輸入ビジネスを成功させる3つのポイント
  3. 中国楽しいイーウー最高!! 仕入ツアー 開催予定について

ピックアップ記事

弊社メールマガジン『0円集客』登録

メールアドレスを登録して無料メールマガジン 『0円集客』を購読する 無料メルマガ「0円集客」

無料レポート 売り方マーケティング「7つの間違い」

物販戦略を組みたい方の為のセドリとも転売とも違う 大手の使う商品戦略の考え方 マーケティングを手放したとき真の成長戦略が始まる。 一般では言われていない売上げを急成長させる 本当の成長戦略詳しく知りたい人は下記から 無料レポート 売り方マーケティング「7つの間違い」をダウンロード 無料レポート売り方マーケティング「7つの間違い」

無料レポート 「99%の人が知らない売れる商品の探し方」

2017.10.10 新規書下ろし!無料レポート

「99%の人が知らない売れる商品の探し方」

ご希望の方は下記ページよりご登録ください。


99%の人が知らない売れる商品の探し方
PAGE TOP